カテゴリー別アーカイブ: その他

乳首イキ

 敏感過ぎる恥ずかしい私の肉体は、異様なほどに感じてしまいます。
今でもそれは全く変わりがありません。
乳首イキらしきもの感じたのは、大学生の頃のこと。
当時付き合っていた彼と、デートの帰りでした。
公園で休憩を取ることになったのですが、彼が一緒にトイレに来てくれと言い出したのです。
公園の公衆トイレの、多目的ルームへ連れ込まれてしまったのでした。
そこでいきなりディープキス。
そしてオッパイを触られていきました。
それでなくてもとても敏感な私の肉体は、これだけで大きな反応をして、痙攣してしまったのです。
彼は激しく私のトップスをずらし、さらにブラまでずらしてオッパイを夢中でモミモミしてきました。
コリコリになった乳首を、夢中になって指で転がし続ける彼。
瞬間、絶頂を覚え体を震わせてしまったのです。
テレフォンセックス
まさかこんな場所で…公衆トイレの中で…乳首で逝くなんて。
凄く恥ずかしい気分と共に、彼はそんな私を見て大興奮だったみたいです。
乳首イキした私を見て、彼は大きくなったオチンチンを出してフェラをするようにと言いました。
多目的ルームの中で、そそり立つ彼の肉棒をしゃぶって、私も凄い興奮。
フェラが終わると、立ちバックで挿入をされちゃって、さらに後ろから乳首を刺激されちゃって、オマンコの気持ち良さと乳首イキの気持ちをさで、二重に逝ってしまったのでした。
あまりにも気持ちが良くて、足に力が入らなく、しばらく立ち上がれませんでした。
そんな状態の私を見て、まだまだ興奮が冷めやらない彼氏。
そこから、ほど近いラブホテルに連れて行かれて、2回戦目が行われました。
この2回戦目も凄く感じちゃって、乱れ続けた感じです。
あまりにも激しく感じる私を見て、当時の彼も嬉しく感じたと後で語ってくれました。
乳首開発
クリトリス責め